20代男性に人気の財布ブランド

男性もファッションに合わせて小物も統一していると素敵です。
ファション小物にもいくつかありますが、財布はほぼ毎日のように使うアイテムなので人気のブランドを知っておけば自分用に購入する時も、誰かにプレゼントする時にも役にたちます。

 

ブランド財布の場合は一目でどこのブランドかがわかるような特徴的なデザインが多くなりますが、これもある意味ステータスとなるのでこだわりたい人は少しリッチな印象のルイヴィトンがオススメです。
財布といっても大きさにより違いはあり、財布なのにバッグが買える価格の物もありますが、今はディスカウントショップやリサイクルショップでも新品が格安価格で購入できるため、20代の人でもルイヴィトンの財布を持つ事は可能です。

 

少し渋みもあり他にはない独特な風合いが特徴的なココマイスターは、上質な皮革を使っているのに値段がリーズナブルなので20代でも持ちやすい財布です。
国産という安心感や、新品なのにどこかアンテイークな印象のデザインは、持つ人やファッションも選ばないのでオールマイティに使えるところも人気の理由と言えます。

 

スーツなどのラインも手がけていますが、財布や小物などもあるポールスミスの財布もおすすめです。
ポールスミスといえば隠れたところに遊び心のあるデザインや配色も特徴ですが、財布にもそれが生かされています。
スーツにもカジュアルにも合いますし、値段も1万円から4万円前後とリーズナブルです。

 

30代男性に人気の財布ブランド

30代になると20代のころとは環境も変わってきます。
社会でも一人前の大人として扱われますし、持ち物なども年齢に見合った物を持っている方が印象も良くなります。
20代の頃に買った財布もそろそろくたびれてくる頃ですし、若々しい印象よりも少し落ち着いた印象の財布の方が自分に合っていると思い始める頃かもしれません。
30歳になった記念に財布を買い換えたり、プレゼントしてもらったりという事も多くなります。
30代の男性に人気のブランドは、全体的に落ち着いた印象が多いかもしれません。

 

ホワイトハウスコックスは、元々馬具を製作していたブランドですが、財布などの小物も手がけています。
使用するのはイングリッシュブライドルレザーというとても丈夫な革です。
馬具を製作していたというところからもわかるように、約10週間という時間をかけ、革にタンニン鞣しや染料を染み込ませるなど特殊な加工をします。
手間と時間をかけ強度を増した革を、熟練の職人が伝統の技術を駆使して作り上げます。

 

イギリスでは老舗としてもよく知られており、伝統と実績もある事から多くの人に選ばれています。
上質なのに3万円から4万円台というリーズナブルな価格もポイントですが、意外にもカラーバリエーションが豊富なので、選ぶ色によっては印象も変わります。
専用のメンテナンスグッズも揃えておけば、自分で手入れをしながら長く使う事ができます。
ホワイトハウスコックスの財布を誰かにプレゼントするなら、メンテナンスグッズも一緒にプレゼントしてみましょう。

 

40代男性に人気の財布ブランド

40代の男性は立派な大人ですから、子供っぽい財布を持っているとなんとなくアンバランスな印象を持たれてしまう事があります。
仕事でスーツを着る人はもちろんですが、スーツを着ない人でもある程度上質な財布を持っていたい年齢かもしれません。
40代にもなれば少し生活にも余裕が出てくるので、若い頃には手が届かなかったハイブランドの財布を持ちたいという人も増えてきます。
大人の男性にはエルメスなどのハイブランドもおすすめですし、人気もあります。
値段は10万円から40万円と、少し高めではありますが一生物として使えますし、ステータスにもなるのはメリットと言っていいでしょう。

 

40代にはダンビルやルイヴィトンも人気があります。
ダンヒルは2万円から4万円と価格もリーズナブルですが、イギリスの高級ブランドとしてもよく知られているのでプレゼントにも最適です。
ルイヴィトンは価格が少し高めですが、デザインも形も豊富なので好みやシーンに合わせて使い分けもできます。

 

海外ブランドも素敵な財布がたくさんありますが、日本製のココマイスターも人気があります。
独特な風合いの革を使い、熟練の職人が全て手作業で作り上げるクオリティの高いブランドです。
20代から40代までと幅広い世代に人気があり売り切れになってしまう事も多く、在庫切れの商品が多い事でもよく知られています。
上質なのに3万円から6万円とお手頃価格となっているので、プレゼントにも最適です。

 

50代男性に人気の財布ブランド

50代になると社会的な地位もあるので、仕事でも財布を出す機会が多くなる傾向があります。
部下奢る時、財布がヨレヨレだとそれだけでがっかりされてしまうかもしれませんから、スーツのように財布もしっかりとした物を持ちたい年齢です。
女性にとっても憧れのブランドとして知られているのがエルメスです。
グッチやルイヴィトンのように人気のブランドもいくつかありますが、その中でも一際リッチな印象がありエレガントさも持ち合わせています。
若干価格が高いのはネックですが、50代で地位のある男性にはふさわしい財布でしょう。

 

ブランド名や価格にこだわらず、質の良い物を持ちたいなら、ココマイスターやホワイトハウスコックスがおすすめです。
ココマイスターは日本のブランドですが、他にはない独特な風合いは持つ人の年齢を選ばないので、幅広い世代から支持されています。
敢えてアンテイーク風に仕上げていますが、使うほどに深みが増し自分の肌に合ってくるのが人気の理由となっています。

 

ホワイトハウスコックスはイギリスの老舗ブランドとしても有名ですが、馬具にも使われているイングリッシュブライドルレザーという丈夫な革と、豊富なカラーバリエーションが特徴的です。
カバンやベルトなども扱っているので、同じブランドで統一するのも素敵です。
ハイクオリティながら、3万円から5万円というリーズナブルな価格なのでプレセントにもよく選ばれています。
ロゴは財布の内装に取り入れているので、外見は無地とシンプルですが、スーツにもカジュアルにもよく合います。